2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月22日 (金)

最近の写真コンテスト入賞状況(産業のまち尼崎、安佐動物公園、神戸新聞)

○神戸新聞 読者の報道写真コンテスト 準入賞(B)
神戸新聞平成25年2月20日付朝刊で発表・掲載  (3ヶ月連続準入賞)
http://jf3mxu.exblog.jp/17348763/

○平成24年度第27回広島市安佐動物公園動物写真コンクール入賞(朝日賞)
これで5年連続入賞となりました 今年は「朝日賞」 作品名「お母さんと一緒に」
広島市安佐動物公園 朝日新聞社後援 平成25年2月19日付文書連絡 
http://jf3mxu.exblog.jp/17347141/

○産業のまち尼崎写真コンテスト入賞(尼崎商店連盟会長賞)
公益財団法人尼崎地域産業活性化機構主催の
第4回「産業のまち尼崎」写真コンテストの結果通知(2/20付)
作品「クライマックス」が入賞しました。
このコンテストは第1回に尼崎商工会議所会頭賞を受賞して以来
2回目の入賞となりました。
今回も 作品は尼崎の地車(だんじり)を撮影したものです
http://jf3mxu.exblog.jp/17355442/

2013年2月13日 (水)

「私の青春のすべてだった」マリアリグレステイさんのメッセージ(要点)

Maria

電話リクエスト時代のマリア・リグレステイさん(写真提供:井川宏之先生)

開演前BGMとして当時の音楽が流れる。クワイ河マーチ(「戦場にかける橋」 ラジオ関西ではレースコーナーのBGMでおなじみ)が終わると開演のブザー音が鳴った。午後3時ジャストである。会場はほぼ満員。
放送でおなじみの 電話のベル音が響きわたり 電話リクエストのテーマ、ロイ・エルドリッジの「スターダスト」とともに、舞台では女子大生3名の寸劇がはじまる
「お電話ありがとうございます ラジオ関西の電話リクエストです・・・リクエスト曲をお願いします・・メッセージをお願いします。・・これからも聞いててくださいね」というおなじみ電話リクエスト受付風景の再現だ。

Dsc_5825


舞台では3名だが、実際には6名以上がいたはずだ。
舞台上のスクリーンには、すでにおなじみとなった神戸新聞提供の電話リクエスト受付風景の写真が写し出されている。この写真はラジオ関西の斉藤邦雄(元)アナウンサーの奥様も電話受付嬢として写っている写真だということを思い出した。ご本人に聞いたことなのであるが
そこへ、本日の司会 増井孝子さんが登場。オープニングの定例の挨拶のあと「この電話リクエストリアルタイムで聞いたことがある人拍手を」と呼びかけ大拍手が起こる。
 フェースブックでのコメントをお読みすると、来場者のレベや年齢の高さは東京の国立劇場か大阪の国立文楽劇場並みだそうだ。私が若手でレベルを落としているのだから間違いないだろうと思う。
 昭和30年代のファッションに身を包んだ女子大生は夙川学院大の学生と紹介された。3月実施のファッションショーに用意したものから当時のものを選び再現したもののようだ。
また黒電話(4号型)をNTTに借りたものという。ラジオ関西も意外に手が込んでいる演出をするものだと感心した。

第1部のトークショーの開演に先立ち、司会の増井孝子さんよりマリアリグレステイさんの事情を説明され、スタジオにかかってきた電話録音を紹介された。以下はその要点である。  
「ルナホールに,今日、お越しの皆さんこんにちは 私はるんるん気分でルナホールに行って皆様にお会いするのを待っていましたが 昨日、緊急外来にいくとインフルエンザ陽性と診断されたのです。行けないことを許してください。
「私にとって電話リクエストというのは青春のすべてでした。」
その当時、私はモデルもやっていましたが、やめてでもこのおしゃべりの仕事に専念しようと転向したのです。良く覚えている。

運がよかったのは ミスター奥田(当時の奥田博之アナウンサー)のような、すごくおしゃべりのうまい方に引っ張っていってもらったことがこの仕事を好きになった原因です。
奥田さんは、いつもへらへらした方(?)で相手のアナウンサーをかわいがる人だった。ロミオとジュリエットの映画をミスター奥田ともう一人の女性と3人で行ったことがある。 

電リクがすごく好きになったのは、音楽もそうですが、スタジオでしゃべっているのとリスナーが一体となった番組。街中が一緒になっている雰囲気が好きだった
ピープパープルの黄色いTシャツが最近まであった。私の青春すべてだったと思います。

その後、服部さん(マリアさんの夫)と息子さんが名代として舞台に立たれると会場から大きなどよめきが起こった。

マリアが「スタジオでしゃべっているのとリスナーが一体となった番組。」というのに、私は思い当たることはいくつかある。

その中で代表的なことを紹介しよう
「電話リクエスト物語」(神栄赳郷著 自由席社)には、奥田・マリアの金曜電リクで、リスナーが緊急輸血の必要な高校時代の友人を助けるためラジオ関西に電話したところ、奥田さんが放送で協力をよびかけたところ多数のリスナーが協力したという心温まる話が掲載されています。

芦屋ルナホール「電リク再び」2013.2.9の記録から

2013年2月11日 (月)

神戸新聞報道「懐かしの電リク再現」2/10

Np_2

神戸新聞2月10日朝刊(神戸市・阪神版)では、前日芦屋市のルナホールで行われたトークイベントの紹介記事が掲載された。

神戸新聞は、私自身45年以上購読・愛読する新聞であり、子供の時、親を説得して他紙から変更したのも「ラジオ関西の情報が一番である」ことによるものだ。ラジオ関西は神戸新聞グループであるから当然のことだが、さらに今後もラジオ関西の情報を強化して発信して欲しいと願うところだ。

この日、朝刊に目を通すと記事があることを知ったが、時間がなく読めなかった。そのため出先の三木市内の駅(神戸電鉄の駅だが自動販売機がある)で購入した神戸新聞(三木・神戸)には、残念ながら掲載が無かったので、掲載地域はそれほど広くないのだろうと思った。すばらしい記事なのでもっと広く報道される方が、私のように地元ラジオ関西情報を目当てに購読する人が増えるのではないかと思うところだ。

以下は この記事をふまえての私なりのこのイベント全体についての簡単なまとめです。(新聞記事の内容ではありません)

この日の司会は増井孝子さん。

第1部では、映画監督の大森一樹さん、ラジオ関西関係者、リスナーの当時をふりかえった話がされた。中でも大森一樹監督が作家の村上春樹さんの中学校後輩であり、生活圏も共通していたこともあり、また、「風の歌を聴け」の映画化をされたこともあり、村上さんとの対談で盛り上がったことを紹介されていた。

当時の人気DJはマリアリグレステイさんと奥田博之さん。この日、本当なら、マリアさんがこの会場に来られるはずであったが、インフルエンザのため録音メッセージとなった。ご主人と息子さんが舞台に出られ挨拶があった。

第2部は、まず文化プロデューサの河内厚郎さんのミニ講演。その中で特に奥田アナとマリアの電話リクエストを「曲中心ではなくトーク中心の漫才のようなもの」そのようなものから、一流の音楽評論家でも、さまざまな好みの人がおられたことを具体的に紹介され、「間口が広く奥行きが深い音楽の世界」と神戸のラジオ関西でしかこの番組は成り立たなかった背景も紹介された。一般人の海外旅行が解禁される(東京オリンピック直前)までの時代、貴重な情報源でもあったようだ。1960年代の時代背景にも言及したすばらしい内容だった。

レコードコンサートは、担当DJは三浦ひろあきさん。当日受付の「メッセージつきリクエストカード」を読み上げるという、かっての番組の形式を再現された。

(私はオープニングナンバーを予想でき、私の名前が紹介されたのも良い思い出になった。)

また、続き(詳細)は今後紹介いたします

2013年2月10日 (日)

芦屋ルナホールで行われた「電話リク再びラジオ関西」 

Dsc_5820

芦屋ルナホールで行われた「電話リク再びラジオ関西」 (芦屋市主催)に参加

Dsc_5813


お目当てのマリアリグレステイさんはインフルエンザで電話録音での出演。
ただし、マリアさんの夫と息子さんが横浜から来られ舞台で紹介されました。
映画監督大森一樹さん、阪神学で有名な文化プロデューサ河内厚郎・神戸夙川学院大教授などの話をお聞きすると、この当時いかにラジオ関西の電話リクエストの影響が大きかったかが改めてわかる内容だった。
もっとも60年代で、ラジオが一家に1台、ラジオ少年というラジオを製作する少年の時代でもあった。

Dsc_5828


当時のリスナー代表として西宮市の横井さん(笹舟クラブ経営)が出演。
観客席に小山乃里子さんがおられたのも驚きだった。

くわしくは また後日報告したいと思います

2013年2月 7日 (木)

川西市展のご案内

Photo

会期 平成25年2月13日(水)~16日(土)
午前10時~午後5時・最終日は午後3時まで
川西市文化会館・中央公民館 
川西市丸の内町5番1号

Photo_2


川西市展(主催兵庫県川西市)に入選しました。(写真)

先日の三木市展に続き今年2回目の市展入選です。

2013年2月 5日 (火)

最近の写真コンテスト入賞状況

三木市展(写真)入選
第59回三木市展(主催 兵庫県三木市・三木市教育委員会)に入選しました。
http://jf3mxu.exblog.jp/17270429/

第28回浜松市動物園写真コンクール入選
http://jf3mxu.exblog.jp/17262143/

山科義士まつり写真コンクール 佳作入賞
http://jf3mxu.exblog.jp/17216037/

くわしくは
http://jf3mxu.exblog.jp/

2013年2月 2日 (土)

阪神電鉄のフリーペーパー

阪神電鉄のフリーペーパー ホッと!HANSHIN 2月号

ラジオ関西電話リクエストのイベントが紹介されています

Rajio2

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »