2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 (第7週 松島武雄さん)※追記有 | トップページ | ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 ( 第9週 木元英治さん)注:画像追加 »

2012年6月 9日 (土)

ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 ( 第8週 小柳絹代さん)

ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想
第8週 小柳絹代さん 2011年11月21日~11月25日

お話の要点
昭和42(1967)-49年の在籍。
ラジオ関西在職は7年間。高度成長期らしく、給料も入社時の初任給が7年間で3倍となったという時期ということ。
小柳さんは大学卒業後、新劇をめざし養成所に入った、しかし身長が低く子役しか貰えないと思い?転向し、試験を受けた。
朗読などの番組を希望していたが実際。
当時のラジオ関西アナウンサー入社試験は1000名ぐらいの受験で2名の合格者(女性)という時代。ラジオにも人気があった。
深夜のレッツゴー歌謡曲を担当。その他インタビュー番組が多く、スキーの三浦雄一郎さんを訪ねてハチ北にも行った、
歌手でも 音楽放送局なので多くの人が来られた渚ゆうこ、吉永小百合、森進一、将棋の内藤 國雄さんもインタビュー
洋楽の電話リクエストは担当せず、歌謡曲関係を担当した。
当時 三宮のさんちかサテライトスタジオで栗原れいじさんとのトーク番組音楽では佐々木勉さんと一緒に仕事をした。
サテスタ 正午、3時、午後6時に番組があった。さんちかが新しい時代。ラジオ関西の須磨のビルには美容室があり、そこで整えてもらいサテスタに行った。
シャルルアズナブールのイザベールもラジオ関西がきっかけとなった歌。てんとう虫のサンバもラジオ関西からヒットした。
それほど当時のラジオ関西は影響があった。社風は「仲がいい」「やさしい」という感じ。「アットホーム」競争社会なのに・・
ラジオをつけてゆったりできる放送がいいのでは。
(アナウンサーのリクエスト曲・選曲)
2011年11月21日(月)アラウンド・ザ・ワールド/ビクター・ヤング楽団

2011年11月22日(火)モナムール・モナミ/マリー・ラフォレ

2011年11月23日(水)あなただけを/佐々木勉

2011年11月24日(木)雪が降る/アダモ

2011年11月25日(金)若者たち/ブロードサイド・フォー

解説と感想

ラジオ関西 昭和40年代のアナウンサーのうち比較的若い頃お辞めになったアナウンサー。

« ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 (第7週 松島武雄さん)※追記有 | トップページ | ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 ( 第9週 木元英治さん)注:画像追加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/54914825

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 ( 第8週 小柳絹代さん):

« ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 (第7週 松島武雄さん)※追記有 | トップページ | ラジオ関西60年 各出演者の話題要点と解説・感想 ( 第9週 木元英治さん)注:画像追加 »