2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 歌謡ステージは奥村英夫先生の特集 | トップページ | 神戸波止場町TEN×TENで「港町神戸 空を飛ぶ鳥の目」開催中(11/15まで) »

2011年11月 3日 (木)

須磨の旧ラジオ関西ビル解体工事・ほぼ終了か

前回2011年9月17日 (土)記事でも 状況報告をしておりました
http://jf3mxu.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-c604.html
神戸市須磨区行幸町の旧ラジオ関西本社ビルの解体工事
最終段階となり11月3日現在1階部分も壊され、残骸を取り除く作業の段階となっています。

Dsc_4031


国道2号線からは、建物がすべて無くなったように見えますが、歩道橋から見ますと、クレーンなどが作業していることがわかります。

Dsc_4019


いずれにしても、旧ラジオ関西本社ビルはあと少しで完全に姿を消し、今後いつかは新たに何らかの建築物が建つものだと思います。

Dsc_4017

以前の写真と比較してみてください
http://jf3mxu.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-43bb.html

« 歌謡ステージは奥村英夫先生の特集 | トップページ | 神戸波止場町TEN×TENで「港町神戸 空を飛ぶ鳥の目」開催中(11/15まで) »

コメント

ちなみに、となりの御幸町マンション(当時の仮名)は、わが社が下請けの下請け(孫受け)としてガス配管工事をさせていただきました。

私も子供のころは、須磨ボウル、そしてあのビルに掲げてあったラジオ関西の看板を、何度と無く電車からもながめておりましたので、一抹の寂しさはございます。

いつも、旧ラジオ関西ビルのレポートありがとうございます。
ほとんど無くなってしまったビルの残骸を見て、やはり寂しいですね。もうハーバーランドでの放送の方が長くなりましたけど、若かりし頃の(笑)思い出がいっぱいつまった場所ですから、名残が消えてしまうのは、残念です。

また、色々なレポートよろしくお願いします。

とくながさん
岩崎和夫さま

コメントありがとござました
今はラジオ関西とは無関係な場所といえ
兵庫民間放送発祥の地であり
それぞれの思いがある場所だと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/53156311

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨の旧ラジオ関西ビル解体工事・ほぼ終了か:

« 歌謡ステージは奥村英夫先生の特集 | トップページ | 神戸波止場町TEN×TENで「港町神戸 空を飛ぶ鳥の目」開催中(11/15まで) »