2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 須磨浦山上遊園ビューフォトコンテスト入選 | トップページ | 浅尾寿美さんのレコード「神ちゃん」 »

2011年11月10日 (木)

とくしま動物園 写真コンテスト入選(通算3度目の入選)

とくしま動物園主催の写真コンテスト(2011年10月受付)の結果発表が公式WEBで行われ、私の応募作品「アートな空間」が入選となったようですhttp://www.city.tokushima.tokushima.jp/zoo/topics/2011/topics20111109_01.html

このコンテストの入選は3回目(入選ばかり3度目)

1回目は「しか(日本鹿)」2回目は「たぬき(本土狸)」今回は人間が被写体でした。実は今回も動物写真を応募していたのですが、園内風景などもOKなので、飼育動物から離れ、園内のボランテイアで、動物園の塀に看板のような動物のイラストをペンキで描く大学生のグループがおられましたので、写真撮影の許可をいただき作業風景と製作中の作品を撮影させていただきました。

このコンテストは、同じ人が複数の賞を受賞できる(2賞までということらしい)コンテストと以前表彰式のときお伺いしました。応募数の規定はなく何枚でも応募できます。ただしお店プリントによる4切(ワイド可)ですので、(お金もかかり、また入賞の賞品などを考えると損失は確実になりますから)それほど多数は応募できません。

私は、このコンテストは入選が最高位なので、1つの賞ということになります。ただし、このコンテストの賞状は、入選以上すべて徳島市長名で発行されます。

動物園のフォトコンでは、入選では動物園長さんとか、動物園を運営する団体の理事長名による発行が多いので、これも魅力のひとつといえるでしょう。

とくしま動物園については、神戸から高速バスを利用すると日帰りで十分楽しめる便利なところにあり、私の年間定期訪問をする動物園のひとつです。

実は、私は数年前に放送大学大学院を修了したのですが、放送大学大学院は当時、全国の国公立大学等の教授陣に研究指導を求めていまして、私は鳴門教育大学教授の先生の指導を受けるため、徳島には結構行きました(平成17年度の修了・当時教育開発コース)そのこともあり、徳島にはその後もいろいろと行くことになりました。放送大学は千葉が本部なのですが、責任者の先生は東京でゼミを開くことが多く、茗荷谷の放送大学(というより筑波大学が東京教育大学時代の建物で、筑波大の大塚学舎と共同利用)でしたので、妙に写真に記録を残しておきたい気分になり、大学院と2足のワラジを抜け出してから写真を勉強するようになりました。

当初は、ネオ1眼のコンデジやD80などの入門機だったのが、写真コンテストにはまるとD300も購入、APS-Cにあきたらなくなると、フルサイズのD700、レンズも当初は普及型の暗いレンズだったものが、F2.8の明るいレンズやマクロレンズ、あげくには500mmAFから1200mmのマニュアル超望遠レンズまで何種類も集めてしまうなど、何かに取りつかれたような感じもします。写真雑誌応募も3年を経過し、まがりなりにも1席・2席、特選、入選などで雑誌に写真掲載することが増えてきましたので、来年からは、アサヒカメラや日本カメラ誌の「ビギナー部門」から脱却していくことにしました。

しかし、もともとの写真興味は「記録写真」にあるわけで、「芸術性」より「人の撮らない平凡なだんじりまつり」や「壊されていく・無くなっていく運命にあるような建物」「名も無き平凡な動物たちの写真」「今では珍しくもないが数年後には貴重な記録になるはずの町の風景」というものを撮りたいなあと思うようになりました。たとえば、震災前の神戸の町並みは当然として、味のあったJR灘駅の木造陸橋、長田にあったサンテレビ、須磨のラジオ関西、須磨浦山上遊園でもドレミファ噴水パレス。神戸深江浜にあった「新神戸大プール」など思いはさまざまですが、今となっては撮れないものの一例です。私の身の回りでも、JR摂津本山駅が改装工事に入りました。すでに写真があっても、もし一眼デジタルで良い天気に撮影できておればなあと思うことがしばしばです。

懐古趣味とはいかなくても、あの日、そのときの記憶を正確に残したいと思います。

« 須磨浦山上遊園ビューフォトコンテスト入選 | トップページ | 浅尾寿美さんのレコード「神ちゃん」 »

コメント

西川さん、徳島まで行かれたそうですが、
地デジ携帯テレビは、持って行ったのでしょうかね。
徳島市内では、地デジの受信状況は、
アナログと比べて、変わった事はあるのでしょうかね。

らぶSUNさん 
徳島の地デジ状況(実際)はきになるところのひとつです。
以前にもお話したのですが、アナログ時代は、徳島の特殊性がよくわかるアンテナの立て方でした。県域放送は、VHFのローチャンネル(1-3ch)にあるため、眉山方向に低いアンテナ(それも3エレメントぐらいの小さなもの)を立てて、逆にVHFのハイチャンネルは生駒山の大阪局、そして、UHFはサンテレビや四国広域NHKなどでしたが、これが銅変化したかということは非常に興味があるところです。
特に、サンテレビなんかは、神戸親局が10Kのハイパワーでしたが、デジタルでは出力が抑えられていることもあり、大阪局に向けられたのかと
興味あるところです。残念ながらデジタルの受信機はワンセグももっていたことはありません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/53206385

この記事へのトラックバック一覧です: とくしま動物園 写真コンテスト入選(通算3度目の入選):

» 集まってぬくぬく [ローカルニュースの旅]
とくしま動物園の南米原産コモンリスザルの飼育場では、今年初めて暖を取るための投光器2基が設置され、1週間前に設けられた風よけの板が威力を発揮した。 [続きを読む]

« 須磨浦山上遊園ビューフォトコンテスト入選 | トップページ | 浅尾寿美さんのレコード「神ちゃん」 »