2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

ラジオ関西の電リクDJ「八木誠」さんが死去(6/5)

ラジオ関西の電リクでDJデビューし、その後洋楽DJで全国的に知られる八木誠さんが6月5日になくなっておられたようです。
このブログにも八木誠さんの記事を書いておりましたが最近急激に「八木誠」の検索が増えていたので不思議でした。
折りしも、関西電力の現社長と同姓同名なので、こちらかと勘違いしていたのですが、最近死去という組み合わせが目立ち、気づいた次第です。どうやら今月始めに亡くなられていたようです。
謹んでご冥福をお祈りします。
ラジオ関西の洋楽CDの第1集のライナーノーツが八木誠さんで、自分のラジオDJとしてのスタートがラジオ関西の電話リクエストだったことを述べられています(下記記事参照)
http://jf3mxu.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/cd-6ffa.html
ラジオ関西の中村よおさんのブログで6月10日に記事があります
http://jocr.jp/blog/street/street.php?itemid=13078&catid=38

そのほか 「ラジオ関西 八木誠」で検索するといろいろな記事が見れます。お試しください

2011年6月27日 (月)

ラジオ関西、西宮市の大谷美術館でもレコードコンサート(神戸新聞報道)

神戸新聞2011年6月27日朝刊、神戸阪神版地域ニュースの記事によりますと,西宮市大谷記念美術館で開催されている「シネマ・グラフィックス」展にあわせた企画として「アナログレコードコンサートINロビー」が26日開催されたようです。

1
ラジオ関西が所蔵する10万4800枚のレコードから展示ポスターの映画主題歌35曲を用意し、そのうち17曲を披露したようです。
先日このブログで紹介した芦屋市立美術博物館の企画展といい、今回は西宮市という阪神間の文化施設でのラジオ関西のレコードが活躍するニュースが続きます.ラジオ関西ファンとしては嬉しいニュースですね。
たしか、ラジオ関西のアナログレコード所有数は民間放送では屈指のものですから、注目度が高まったのかと思います。

大谷記念美術館 「シネマ・グラフィックス」展 7月末まで 

http://www9.ocn.ne.jp/~otanimus/

ラジオ関西も後援になっていますね

2011年6月25日 (土)

芦屋市のラジオ関西のレコードジャケット展に行きました

芦屋市立美術博物館で開催されている、ラジオ関西のレコードジャケット展
「ジャケットデザイン50-70's ジャケットでめぐる昭和」が2011年7月18日まで開催されています。
1

Photo

芦屋市公式WEBでも「村上春樹の『風の歌を聴け』にも登場した通称「電リク」は、戦後の若者文化に1つ大きなうねりを作り出しました。」と紹介されています。

http://www.city.ashiya.lg.jp/bijutsu/ivent/tenji20110521.html

芦屋市立美術博物館の公式WEBでも明らかにされていますが

http://ashiya-museum.jp/
今回の企画展はラジオ関西・ラジオ関西プロダクツの協力で、ラジオ関西の所有するレコードジャケットを厳選し展示したもの。
5月21日から開催されており、5月28日には三浦紘朗さんのレコードコンサートもあったようです
7月16日には三上公也さん、田辺眞人先生によるレコードコンサートも計画されているほか
7月9日には株式会社ラジオ関西プロダクツより今林清志氏をお迎えするギャラリートーク(第3回)もあるようです。
http://ashiya-museum.jp/event-program/1029.html
第3回:7月9日(土)14:00~
参加費:入館料のみ(一般300円、大高生200円、中学生以下無料)
事前予約:不要

Dsc_2346

私は6月25日に伺いました。会場では内容にふさわしい音楽のBGMもあり、またラジオ関西の洋楽CDも芦屋市立美術博物館でも置かれていました。
会場は同然ながら内部は撮影禁止です。電話リクエストの受付風景の写真パネル(白黒)もありました。
ダイヤル式黒電話で時代物とわかりますし「7-7電話リクエストのポスター」でFM大阪開局前ということもわかりますが
女性たちも綺麗な人が多く表情も「今風」です。この写真は神戸新聞で見たことがあるのですが、大きなきれいなパネル写真で見ると新たな発見をした思いです。
http://club.kobe-np.co.jp/mint/photo/natsukashi/denriku.html

LPジャケットで思わず見入ったものが パーシーフェース楽団の「ケアフリー(Carefree)」です。
実は、私はこのLPの復刻版CDを持っており、すぐに気づいたのですがLPの迫力にも驚きました。

1_2
私の所有するCDは2枚のLPを1枚のCDとしたもので、上記の写真の左側の下側のジャケット写真が「Carefree」

このLPの3曲目には「ピチカートポルカ」歌声は風にのっての昭和時代のテーマといえばいいのでしょうか・・この曲の収録されたLPです。須磨時代の住所印や編成局資料課?の丸印、JOCRの管理ステッカーも味があります。

ぜひご覧になることをおすすめします。
FM大阪ができるまで、関西のAMラジオ局で音楽局といえばラジオ関西でした。
開局の昭和27年に日本最初の電話リクエストを開始、昭和45年頃までは毎日午後7時からは「電話リクエスト」を放送していたのはラジオ関西でした。

神戸まつりフォトコンテスト4年連続の入選通知

神戸まつりフォトコンテスト(神戸市民祭協会主催)の入選通知をいただきました。
今年も「入選」(4年連続)で、上位入賞にはなりませんでした。(賞状はなく記念品のみ)

Dsc_2345
作品名は「リズムにのって」 昨年同様ダンシングチームKIRARAの演技を撮影したものです。
市役所前フラワーロードでの撮影 ダンシングチームKIRARAの演技撮影で3年連続入選です
今回の応募総数は661作品だったようです

第41回 神戸まつりフォトコンテスト  入選 「リズムにのって」
 神戸市民祭協会 神戸市市民参画推進局 文化交流部 平成23年6月22日付発表
 神戸市元町アートギャラリー展示 2011/7/23(土)- 7/27(水)

2011年6月20日 (月)

月刊写真雑誌発売(2011年7月号)

あいかわらず、写真雑誌の月例コンテストに応募を続けています

今月は19日が日曜日でしたので、18日に月刊写真雑誌7月号が店頭に並んでいました。
日本カメラは、ビギナーズ部門の特選で「2011年北条節句まつり」が掲載(255頁)されました。まつり写真での特選は嬉しいものです。
また、次号8月号入賞者発表(264頁)では「フラミンゴミルク」の入選が掲載されました。
アサヒカメラは、入選者発表(229頁)で、8月号作品掲載のファーストステップのワンステップアップに作品「やさしさ」が選ばれたことが掲載されています。入選以外でアサヒカメラに掲載されるのははじめてです。
ちなみにこの作品も同じフラミンゴなのですがこちらは被写体はヨーロッパフラミンゴという白色系のもので、日本カメラのものはベニイロフラミンゴという種類で撮影日も構図も違うものです。
ただし、4月は、いろいろな写真を応募しているのですが良い結果となるのが王子動物園のフラミンゴでした。撮影はD700

ちなみに、アサヒカメラでの入選作品はほとんどが動物写真です。動物しか応募していないわけではないのですが・・。

カメラマン7月号エキスパート部門は予選通過(179頁) 作品「私の赤ちゃん」、これまたフラミンゴでした。こちらはカメラがD300で、自立するヒナをアップに親フラミンゴの顔とともに撮ったもの

CAPAは今月も予選通過ばかり(137頁)スポーツ部門1次「跳ぶ」、生きものの部2次「ゆりかもめとヌートリア」
雑誌フォトコンは最近応募をしていません、神戸新聞は一応応募していますがうまくいきません。

-------------------------------------------------------

雑誌「CAPA」月例フォトコンテスト 2011年7月号 スポーツの部 1次予選通過「跳ぶ」作品名・氏名のみ掲載
平成23年6月18日発売 7月号紙面 137ページ(学研パブリッシング 選者:水谷章人先生

雑誌「CAPA」月例フォトコンテスト 2011年7月号 いきものの部 2次予選通過「ゆりかもめとヌートリア」 作品名・氏名のみ掲載
平成23年6月18日発売(学研パブリッシング)137頁 選者:海野和男先生

月刊雑誌「カメラマン」2011年7月号 月例フォトコンテスト 予選通過「私の赤ちゃん」
作品名・氏名のみ掲載 179ページ (エキスパート部門)
モーターマガジン社 2011年6月18日発売

アサヒカメラ・日本カメラの内容は、事前に通知あり。CAPA(1席以外)、カメラマンは紙上発表

2011年6月11日 (土)

川上とも子さんのご冥福をお祈りします

ヤフーのニュースで知りました
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000602-san-ent
ラジオ関西がAM KOBEを名乗っていた時代のことだから、震災後数年の時代のことだったと思う。
声優の川上とも子さんの「川上とも子のメサCANネットワーク・川上とも子のうさぎの耳たぶ」という番組を東京収録でされていた。
現在の、ラジオ関西の「あにたまドットコム」が始まる以前の時代で、このころは ラジオ関西では青春ラジメニアを看板番組に林原めぐみさんや山野さと子さんの番組など声優の番組が増えていた時代のことであったが、時間帯の関係が私の聴取時間とあっていたため
当時は、面白く聞いていたことを思い出す。純粋なアニメファンでなくても十分DJとして通用する内容であったと思う

「とも蔵」といわれ親しまれていたこと、ラジオ関西の応援歌を作りCDにも収録されたこともあったと思う。
神戸のイベントや、ラジオ関西の青春ラジメニアへの出演も幾度かあったように思う。ラジオ関西応援歌などラジオ関西ファン的には貢献度大と思います。
享年41歳、当時は20歳代後半~30歳ぐらいだったのですね
ご冥福をお祈りします

2011年6月 3日 (金)

第1回 神戸花鳥園写真コンテスト入賞(園長賞)

WEBページを見てみますと名前がありました。
タイトル「両手にとまれ」
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/2011kobephotoconhappyou.html
最上位のようで嬉しい限りです
通知は届いていないので、だめだったかなと思ったのですがびっくりでした。

昨年(2010年)は、神戸市内の動物園・水族館施設の写真コンテストは

(1)王子動物園   入選(第22回)H22/9/5
(2)須磨海浜水族園 優秀賞(第1回) H22/11/13
(3)そして今回の 神戸花鳥園 園長賞(第1回)(賞状未受領・・発表のみ)
と、主要3施設クリアでした。

写真コンテスト情報収集力だけで勝負しているような感じですが・・

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »