2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大阪の日本橋でんでんタウンの自動販売機 | トップページ | 高槻まつり写真コンテスト佳作入賞 »

2010年9月 5日 (日)

大阪の「オ」、尾張の「ヲ」(和文通話表)の疑問

ラジオでのナンバープレートなど間違って聞き取られると困るものに対しては
和文通話表というものが存在することはご存知ではないかと思います。朝日のア、イロハのイというようにすべてのカナ表現できるものに決められています
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%A9%B1%E8%A1%A8
アマチュア無線でも、私の苗字を紹介するとき「日本のニ、新聞のシ、為替のカ、わらびのワ、西川です」というように疑いなく使っている。
同音の文字については、大阪のオならオ(お)を意味し、尾張のヲならヲ(を)を意味することになる。
もちろん、中にはヰ(ゐ)やヱ(ゑ)など、歴史的かな使いとなり、イとエにその機能を移してしまったような文字があるが
「を」は、現在でも助詞の「を」として生きており、「お」と「を」は使い分けないと一人前の日本語とはならない。
尾張の「ヲ」と、法令である和文通話表の常識は、尾張は「ヲワリ」と表現するのが当然ではないかと思っていた
そうするとローマ字では「WOWARI」にしなければならないのか、それとも、発音を重視して「OWARI」とするのかとふと思った
名古屋まで、新快速や特別快速などを乗り継いで在来線で「尾張一宮」を通ることになり、車内の電光掲示板で英文表示で駅名表示をしているのを見ると
予想どおり「OWARI」表現であった。そうすると急に駅の看板のひらがな表示が気になった。
そして、撮影したのが次の写真である。「尾張一宮」は「おわりいちのみや」であった。

Dsc_6151
なぜか、今まで学習してきたことが嘘のように思えた瞬間であった。尾張のヲ、尾張一宮のオが頭にインプットされた。
良く考えると井戸さんのフリガナを「井戸のヰ」を使うことはないのだろう。しかし人名の「かをり」さんは「カヲリ」と表現するのが正しいのではないか
カタカナで「カオリ」を書けば、ひらがなは当然「かおり」と表現となるだろうと考えると問題はむずかしいのではと感じた
そういえば、JRは「三宮」ではなく「三ノ宮」、西宮も最近(2007年)まで「西ノ宮」だったように、古い時代(国鉄・省線時代)は地名とは関係なく
知らない人でも読めるように漢字と仮名を混ぜていたのだろう。尼崎も尼ヶ崎だった時代もあるらしい。
そのように考えると、和文通話表の「尾張のヲ」は、現代の表現上正しいのかということになる。

« 大阪の日本橋でんでんタウンの自動販売機 | トップページ | 高槻まつり写真コンテスト佳作入賞 »

コメント

ご無沙汰してます。
本題とはちょいズレますが、この件に関して、実は諸説紛々ありまして、発音そのものは江戸時代中期、“を”を廃止しようと昭和初期に、暫定的に助詞での“を”以外は、全て“お”で表記するとことなったそうです。詳しくは、“日本人の知らない日本語”ってコミックに解説があるんで、参考までに一読してください。

Stray Horseさん ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
>昭和初期に、暫定的に助詞での“を”以外は、全て“お”で表記するとことなったそうです
なるほど、ということはやはり「尾張のヲ」は歴史的かな使いなのでしょうが、現行和文通話表に掲載していることに疑問がありますね
書籍一度探したいと思います。ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/49351208

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の「オ」、尾張の「ヲ」(和文通話表)の疑問:

« 大阪の日本橋でんでんタウンの自動販売機 | トップページ | 高槻まつり写真コンテスト佳作入賞 »