2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« しばたはつみ「ムッシュ神戸」は小曽根実さんの作品でサンテレビのイメージソングだった | トップページ | 恐ろしい名前の踏切を発見(西宮市内) »

2010年4月 2日 (金)

浅尾寿美「北野坂-風見鶏の街」は1978年ラジオ関西の番組から生まれた

浅尾寿美さん(SUMIさん)といえば、KISS-FMで活躍されておられたフランス語の堪能なDJといえば思い出していただけるかもしれない。
実は、浅尾寿美さんは1978年ごろラジオ関西で朝の帯番組「斉藤くにおのワイドワイド関西」という番組でアシスタントをされておられた。
その番組では、今月の歌というコーナーがあり、ここで作られたのが「北野坂・風見鶏の街」という曲であった。
Kitano1

Sumi1

作詞・作曲は、森下悦伸さん。ジローズのときには森下次郎という名前で杉田二郎さんと「戦争を知らないこどもたち」を歌っておられた方です。
森下悦伸さんは、ラジオ関西で番組制作を担当され、現在ラジオ関西常務・編成制作局長である。森下さんの手により、この曲も生まれ、レコードになりました。
森下さんが紹介されているWEBのURL(神戸新聞WEB)は下記参照
http://www.kobe-np.co.jp/info/hyogo_jin2/25.shtml
レコード会社は、これもまた小曽根実トリオと同じ、日本コロムビアで、レコード番号LK-67-A 1978年2月とあり
B面は「愛の終楽章」斉藤邦雄 作詞・作曲 ラジオ関西のアナウンサーの方で、小曽根実さんの「ドラ金小曽根カンパニー」のプロデューサで、斉藤専務といわれていた人ですが
この時代は「ワイドワイド関西」の番組担当をされておられました。
私の所有するこのレコードは、普通のレコードではありません。(画像参照)非売品・サンプルです。
Dsc_6252aa

なお、この時代はNHKテレビでの風見鶏が放送された直後の時期で、北野の異人館が脚光を浴びるようになった時代でもあります。
なお 浅尾寿美さんに限らず、シーナダスワニさんをはじめ、多くのFMのDJの方は、かってラジオ関西で出演されていた人が多いのです。浜平恭子さんも、ばんばひろふみさんの番組でレポータなどをされていました。

« しばたはつみ「ムッシュ神戸」は小曽根実さんの作品でサンテレビのイメージソングだった | トップページ | 恐ろしい名前の踏切を発見(西宮市内) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/47972110

この記事へのトラックバック一覧です: 浅尾寿美「北野坂-風見鶏の街」は1978年ラジオ関西の番組から生まれた:

« しばたはつみ「ムッシュ神戸」は小曽根実さんの作品でサンテレビのイメージソングだった | トップページ | 恐ろしい名前の踏切を発見(西宮市内) »