2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月 6日 (土)

大津祭写真コンクール入賞通知

今年もあと1ヶ月足らずになりました。

今年は、デジタル一眼レフをニコンD80、D300の2つを購入、レンズも合計5本購入するなど写真の勉強を本格的にはじめました。はじめは独学、やがて通信教育講座の受講に学んだり、各種コンテストの参加も精力的にしています。写真のクラブも地元神戸のPICKという全日本写真連盟の支部に7月ごろから出入りするようになりました。全日写連の兵庫県本部事務局長でもある牧野慎三氏が主宰するクラブで、古くは写真家の森井先生の流れをくむグループということを入会後知りました。私が最年少で、ほとんどの方はリタイア組、元国立大学教授の方や企業の幹部だった方などが多く、写真の技術のほか知識話題においても大先輩の重みを感じることが多くなっています。

実は近年、かってのアマチュア無線の友好関係では教えていただいた先輩が亡くなることも多かった(私はアマチュア無線では32年目ですから・・)ため寂しいことが多かったのですが、新しい趣味を持ち、自分が初心者としてチャレンジすることにより新たな視点がうまれつつあるように思います。

初心者でなければ、地元の写真コンテストなどに数多く挑戦するということはタブーと思います。実は私はカメラマンになりたいとか写真家になりたいという気持ちなんか一切ないのです。じゃあなぜするのかというと単純に面白いのと、将来書き上げたい著作物に、自分の良い写真を載せたいから、また、各種パソコンソフトを作るとき(本業は高校情報技術科教諭・情報処理技術者資格者ですから)あればすばらしい技能・技術と思うからです。デジタルカメラの扱いというのは・・。それと私は「資格マニア」で「賞状マニア」でもあります。アマチュア無線では賞状を200枚以上集め、その世界では有名なドイツのDIGというクラブのメンバーです。資格検定も、すでに200は超えており、写真コンテストの賞状も当面200枚というのが目標になる・・というのが本当のところかもしれません。取得数200を超えるとパワーが落ちます。ちなみに無線のQSLは2万枚はあります。

ということで、12月に入ると、10-11月に応募したものの結果が発表されます。12月5日に通知を受けた「大津祭フォトコンクール入賞通知」も、10月11-12日に行われた大津まつりに関するもので、私の好きな「祭り分野」で「山車」を扱うものですから佳作とはいえ嬉しいものです。(初回参加です)

Photo

(上記画像は入賞通知書)

平成20年大津祭写真コンクール 入賞・佳作 NPO大津曳山連盟賞
(社)びわ湖大津観光協会 全日本写真連盟滋賀県本部 後援 大津市・朝日新聞社 
                           平成20年12月5日連絡

下記は、入賞作品ではありませんが、私が大津まつりを撮影したものです。入選した作品は「狸山」を写したものです

Photo_2

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »