2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 川西英「神戸百景」のラジオ関西版画 | トップページ | 須磨浦回転展望閣と六甲山の回る十国展望台などの比較 »

2008年11月16日 (日)

新たな疑問(川西英先生の『ラジオ関西」を見て)

これは国際信号旗で 1文字が1つの旗 この4つで「JOCR」と読むようです

Jocr

しかし、このような旗を掲揚していたからといって、いくら港町といえども読んでもらえるのはその道の人たちぐらいではと思うし、ほとんどの人は万国旗に見間違えるのではと思う。実在しない国旗であることは良く見ればわかるが一見しただけではこれでコールサインを示しているとはあまりも驚き・・やはり時代がちがうのだろうか このような旗を使うのは今や航海練習船の帆船ぐらいではと思うが

川西英先生の「神戸百景」88番のラジオ関西には、この旗を掲揚したラジオ関西(といっても実質は開局当時のラジオ神戸)の社屋を描いたすばらしい版画です。

« 川西英「神戸百景」のラジオ関西版画 | トップページ | 須磨浦回転展望閣と六甲山の回る十国展望台などの比較 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/43134693

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな疑問(川西英先生の『ラジオ関西」を見て):

« 川西英「神戸百景」のラジオ関西版画 | トップページ | 須磨浦回転展望閣と六甲山の回る十国展望台などの比較 »