2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月21日 (土)

工都尼崎の情景フォトコンテスト(最終回)などに入賞

先日の神戸新聞読者の写真コンテスト入賞以来、いくつかの入賞通知が舞い込んできた。

Photo 1つめは尼崎市の外郭団体が実施している「工都尼崎の情景」写真コンテストの入賞通知である。今回が最終募集ということであるが、私は仕事柄工業・工場の写真というのは好きな分野であり、また尼崎という地域は私と特殊な縁をもつ地域であるからである。それは私が工業高校教員になってはじめて赴任した地域であるばかりでなく、私の祖父が戦後~高度成長期時代勤務していた会社の所在地であるからだ。親族の経営していた会社であったため入社して管理職にさせられたらしい。今は存在しないと思うが尼崎製氷冷蔵株式会社という氷を作ったり冷蔵倉庫を営んでいた企業であったという。戦後の時代は家庭の電気冷蔵庫もなく氷の需要が多くあったというが電気冷蔵庫や製氷機の普及で時代の流れに流されたような企業であった。私が当初シャープという冷蔵庫を作る家電メーカーに勤務することになるのは皮肉な話ですらあるものだ。もっともその会社をやめて教員に転じるのであるが・・。

いずれにしても、私が幼稚園時代は祖父は現役社員であり、工場のある尼崎にも連れて行ってもらった覚えがある。地下水採取による地盤沈下のことなども現実的な例として知った。このようなことから尼崎はある意味で特別な思いがあった。コンテストを知ったのも昨年度の募集終了後で平成20年が最後ということも知りなんとか入賞したいものだと1年をかけて尼崎を回った。3月の運河祭も、ラジオ関西のイベントでもあったが私にとっては一石二鳥のようなものであった。しかし、残念なことにラジオ関西がらみの写真は全滅。入賞したのは春の運河の風景写真である。ただし、上位入賞作品には私が撮影したものとほぼ同じものを対象とした作品も数点あり驚いたものである。残念ながらそれらは私は応募していない。尼崎市長賞のものは尼崎のだんじりを扱ったもので、実はこれも応募しようかと思った作品もある。いかに応募の選考で損をしているかがわかるようだ。なお、選考は大阪芸術大学教授の有野永霧先生。有野先生は、昨年の尼崎農業写真コンテストの審査委員長でもある。

また、2つ目はNHK学園のカメラメイトのコンテストもはじめており、5月15日締め切り分の結果「佳作3席」という通知をいただいた。選者は写真家の平野正志先生であった。かなり先は長いようだ。

なお、この4月、5月に応募した作品の結果が出だしている。撒かぬ種は生えぬというが少しずつ結果は出だしてきている

2008年6月20日 (金)

早速神戸新聞社から賞品が届いた

6月18日付の神戸新聞読者の報道写真コンテストの件であるが早速翌日19日午前中には郵便で神戸新聞の茶封筒が届いた。ラジオ関西なら青の封筒で私にはおなじみであるが、神戸新聞はこのような賞品をいただくのもはじめてであるので何かと新鮮である。普通郵便であるので神戸市内とはいえ早い到着に驚いた。消印は6月18日のハーバーランド局である。おそらく掲載日に発送という体制なのだろう。

Dsc_8500

賞品はニコンのバック。この毎月のものには賞状はないということは規定からわかっていたが、立派な入賞通知書が同封されていた。

Dsc_8496_2

これは大変良い記念になる。賞状ホルダーに新聞記事と通知書をあわせて保管するようにした。

2008年6月19日 (木)

今年の神戸まつりは

Dsc_6093 今年の神戸まつりは5月18日にメインフェステイバルがあり、ラジオ関西も例年通りおまつり広場を運営していた。いつも通りうちわの配布もあった。公開録音はあったが特に大きな番組がでていたという感じではなく昼間の森脇けんじさんの番組の収録などがあった程度。特徴的なのはエコ関係の出展が目立ったことぐらいである。また、会場では神戸新聞の読者クラブであるミントクラブが会員募集をしていたことである。この会員証が先日神戸新聞の販売店から届けられた。

Dsc_8476 色は、ミント神戸の建物とほぼ同様のものであるが、これがミントカラーなのかと思うようになった。

私はすでに40年来の神戸新聞読者である。もともとは私の家は他社の新聞をとっていたが、私の強い希望で新聞をかえてもらったいきさつがある。もちろん理由は、ラジオ関西の番組紹介が充実しているからであった。このような理由で新聞を変えさす小学生だったとは我ながら感心してしまう。その後複数誌を契約したことはあっても神戸新聞は継続し「長いつきあい」になっていた。しかし、もっぱら私はラジオ関西ばかりアクションをとることが続き、神戸新聞へはそれほど関係は深くなかった。とはいっても、神戸新聞には仕事の中で取材を受け、難しい資格を取得した生徒とともに掲載されたことはある。そんな私が神戸新聞に郵便を出しているのは「読者の報道写真コンテスト」に応募を開始して以来のことである。

5月は神戸まつりのフォトコンテストにも作品を提出した。そして昨年フォトコンをはじめることになった「王子動物園」の写真コンテストも本年の応募時期となり今年も参加することにした。これからも当分神戸新聞社の読者の写真コンテストは応募を続けるようにしたい。神戸のロ-カルコンテストを見ると受賞者は良く似た顔ぶれで共通点も多いことがある。かくいう私もお名前を拝見するだけで常連の方と認識できる人も多いように思う。先日もあるお祭りで写真撮影する私に声をかけていただく人も数人おられた。どうやらコンテストの表彰式でお見かけした方であったようだ。

また、さすがに神戸新聞で報じられると数人から新聞見たよメールをいただけるようになった.。前述のように少し良くないことが続いていたので嬉しく思っている

2008年6月18日 (水)

本日の神戸新聞(6/18)16面で

読者の報道写真コンテスト(第519回)で入賞(準佳作)しました。

朝刊を見るまで私も知りませんでした。

神戸新聞の写真コンテストをはじめて約半年、いままで準入賞もできなかったのですが、準入賞を飛び越す形で入賞となりました。やっとはじめての受賞です。

内容は、神戸の地車(だんじり)を撮影した 「地車競演」

神戸新聞のWEBでも、掲載

http://www5.kobe-np.co.jp/photo/thismonth/kasaku.php

2008年6月 7日 (土)

その後の写真コンテスト入賞

Photo 3月には東京都江戸川区立自然動物園のフォトコンテストの結果があり入選となりました。審査員は動物写真家の内山晟先生で、昨年の天王寺動物園の審査員でもある方です。今年は天王寺動物園に挑戦しようと思っているのですが例年ならすでに4月から募集時期なのに今年はこの記事の書いた時点ではアナウンスがありませんでした。その後の情報では、本年も実施されるみたいですので早速この1年撮り溜めた写真で応募したいと思い準備にかかろうと思います。(6/28 一部追記・修正)

なお、この江戸川区立動物公園の動物写真コンテストの入選作品展示会が東京で数回行われており案内もいただいていたのですが多忙で見に行くことができませんでした。

4月は桜写真を少し挑戦しました。西宮のさくらまつりフォトコンクールに入賞しました

http://www.nishi.or.jp/homepage/kanko/sakuramatsuri/concours/photo.html

Dsc_6812

さくら写真での受賞ははじめてです。

撮影会にも行きましたが立派な機材の方が多く中級機のD80で受賞できたのは運がよかったのだとしか思えません

夙川の撮影会では同僚の教師にも見られていたようです。撮影会でのモデルさんの写真は入選できず、入選したのは風景写真「工都を望む」(武庫川の西宮側から尼崎方面を写し工場の煙突が入っているような写真で、私も意外でした)

そして先日、スルッとKANSAIのフォトコンテスト(2008年度)の入選通知をいただきました。WEBによりますと例年9月のバスまつりで表彰式があるようです。

Photo_2 これは、南海電鉄のラピートを2月の大雪の日に撮影したものです。

3月に応募したものですが、5月が締め切りでした。まだ公式WEBには写真は掲載されていません

いまさらながら3月のイベント写真

Amark

この画像は、3月16日に行われた尼崎市の尼ロックでのラジオ関西のイベントでの写真です。この写真は三上さんの番組におおくりしたところ、3月20日の放送で取り上げていただいたものです。実はこれには後日談があり、結構その番組がきかれていたらしく、地元の友人数名からラジオで聞いたといわれました。祝日の放送だったので結構聞かれていたのかもしれません

2008年6月 6日 (金)

いろいろとご心配をかけまして・・

3月以来、新規記事も無く、数名の方からご心配のメールもいただき申し訳なく思っています。

例年4月前後は仕事の方が学校なもので準備に追われているのですが、本年はトラブルが続いておりました。すでに新聞などでも報道があったのですが不祥事(私ではありません)があり、その影響を受ける形で多忙になったこと、それがひと段落と思った矢先に身内に入院騒動がありインターネット関係が後回しになったことがおもな理由です。

私自身が病気でもなく、また、私が新聞沙汰を起こしたわけではありません。(実名報道された新聞を見ると私ではないことはわかるのですが・・)あまり良い話ではありませんし、愚痴をこぼすのもよろしくないので一切書きませんでしたが、ご心配のメールも多く、とりあえず書き込みを再開したいと思います。ラジオ関西がらみでは、各種イベントにも参加はしておりましたし、春は写真コンテストの方も続けています。前回以降も、各種入賞・展示などを月1回ペースでいただいていますので、遅ればせながら又報告させていただきたいと思います。また、ひさびさにラジオ関西で私の手紙(これもひさしぶりに出したもの)が読まれる(結構長時間)ことがあり、意外な反響があったこと等、記事を書こうと思えば書けることが多いのに3ヶ月も空白を作ってしまったことを私自身残念に思っています

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »