2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラジオ関西電話リクエストとサテスタ | トップページ | 賞状 »

2006年9月29日 (金)

須磨のラジオ関西ビル

Photo_5 左の写真は、今はもうみることのできない須磨時代の「ラジオ関西ビル」の写真です。国道2号線側からですと、おなじみレストイン須磨の須磨ボウルのボーリングのピンを使ったボーリング場の看板が有名ですが、この写真は裏手の駐車場から見た様子です。なお、レストイン須磨のおなじみの写真も1つお見せしましょう。歩道橋もありわかりやすいところです。

Photo_6 なお、この場所には旧神戸市電が走っており、「衣掛町」停留所もあったことから、かなりこの市電写真集でもラジオ関西の旧本社ビルが写っており、この変遷もわかってきます。

« ラジオ関西電話リクエストとサテスタ | トップページ | 賞状 »

コメント

 こんにちは。そして遅ればせながら明けましておめでとうございます。
 以前からこちらのブログはのぞかせて頂いていたのですが、先ほど「ラジオ関西 須磨」で検索したところ、此処がヒットしました。2枚とも非常に貴重な写真ですね。
 下の写真では、緑の壁のところに「JOCR ラジオ関西 558kHz 20kw」と書かれた赤い丸い看板がかかっていたと思うのですが、この写真では撤去されていますね。震災以後に撮られた物でしょうか?
 幼少の頃にこの近くを通った時、親に「あれがラジオ関西の建物だよ」と言われて見たところ、レストインスマの壁にその看板がかかっていて、「エッ、ラジオ関西ってレストランの中にあるの?!」と勘違いして驚いた記憶があります(実際は隣のマンションの1、2階に入っていたんですよね…)。
 さて、1つ質問なのですが、記事中にある「市電写真集」の正式なタイトルを教えて頂けないでしょうか?検索してみても今一つよく分からなかったもので…何卒よろしくお願いします。

マトリックス昭夫さんおひさしぶりですね。以前ラジオ関西ファンBBS時代の2005年12月5日「海のみえる放送局物語」をご紹介いただいた方だったと思います。
さてお尋ねの件ですが、あの写真は、震災後「定点観測というか定点撮影していた場所}でお察しの通り震災後5年の2002年7月になります。(駐車場になった2003年と比較したものが下記に写真あり)


http://jf3mxu.g-7.ne.jp/jocr-fun/index_old.html

また、「緑の壁のところに「JOCR ラジオ関西 558kHz 20kw」と書かれた赤い丸い看板がかかっていた」というものも正解です
古くは下記に写真があります

http://jf3mxu.g-7.ne.jp/jocr-fun/jocr1970b.html

これは560時代ですが

それから、市電の写真集ですが今、手元にありますのは 「神戸の市電と町並み」(神戸鉄道大好き会 編著)2001年10月発行 トンボ出版ISBN-88716-127-1
「まぼろしの風景」218ページには貴方のWEBにある木造平屋ラジオ局の時代のCGとほぼ同じ時期(昭和30年)のものがあり、P195には昭和45年の須磨水族館の大観覧車とともに映った写真P197にはS43の局舎が西側の新ビルと、東側の平屋木造局舎、そして中継用タワーの3つが立っている珍しい写真があり、また、196ページにはS45.3の平屋木造局舎とタワーの跡に建設されたレストイン須磨(ラジオ関西ビル)が建っています。
本当に貴重な写真と思います。一度マトリックス昭夫 さんのすばらしいCGの技術力でこのあたりを再現してほしいぐらいですが・・当方もいろいろな資料を収集しておりますが、なかなかCGの技術力がありません。
どうぞこれからもよろしくお願いします

マトリックス昭夫さんのCGもご覧ください


http://blogs.yahoo.co.jp/tenkusentai/26077988.html

もう何十年ぶりか、久々に須磨海岸に立ち寄った。
ラジ関の建ってたあたりは、超高層マンションが建っており、掲示されたラジ関ビルは思い出すことは出来なかった。
昭和54年まで須磨水族館に勤務していた頃、レストイン須磨は昼食によく利用していた記憶があります。
その水族館も水族園に建て替わって、ガラ―ッと雰囲気が違っていたのに驚いた。

杉ちゃん さん ごぶさたしております。コメントありがとうございました
須磨のラジオ関西ビルは昨年夏~秋にかけて取り壊しがされました。(このブログでも数回取り上げています) 杉ちゃんさんは、須磨水におられたのですね。確かにその頃からですと相当様子が違ってきていると思います。

続きです。
もう40年余り前になりますが、小生が中学生の頃肝炎で入院中に、むち打ち症で入院されてた三浦アナと相部屋で知り合いました。初めはラジ関のアナウンサーだと知らず、英語を教えて頂いたとき
「僕の放送を聞くかい?」と言われて初めてアナウンサーだと気付きました。
その後、2階建だったか、ラジ関のスタジオを見学させていただいた記憶があります。そのとき電リクのリクエストを読んでもらって以来、電リクファン&三浦アナファンになりました。
・・・ですので、私にとって須磨に建つラジ関ビルは
思いで深い建物だったのですが、特に2階の鍾乳石みたいな意匠の店舗はユニークでした。

杉ちゃんさん
それはすごい体験ですね(羨ましい)
レストイン須磨の建物は内部は潜水艦のようなイメージが残っていますね。丸い窓や配管など

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189817/12080031

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨のラジオ関西ビル:

» 神戸の幹線道路が広い理由 [迷馬の隠れ家]
神戸の街を散策してると、他の街と違って“違和感”があるモンがある。それは、幹線道路の“広さ”である。大阪だと御堂筋や中央大通はそこそこ道幅が広いが、街の大きさに比べて神戸の方がデカく感じる事がある。特に、国道2号線沿いや山手幹線付近は、交通量もさることな..... [続きを読む]

« ラジオ関西電話リクエストとサテスタ | トップページ | 賞状 »